常夜灯とともに
いつもそこにあるカフェ

「鞆の浦 a café」と「常夜燈ポスト」の物語り

物語りを読む

「鞆の浦 a café」と
「常夜燈ポスト」の物語り

港に佇む、
白亜のカフェ

常夜燈を訪ねたら

さらさらと聞こえる波の音を頼りに、
ぼくは路地を南へと進んだ。
石畳の整った地面を、両の家屋が挟むようにして道を作っている。
木造り、瓦、そして、この町を象徴する白い壁。

突当たりで家屋の並びは終わっていて、
左手に青い波が覗いた。
思い出したように続く石畳。
夏の潮風が気持ち良い。
そこから、なおも真っ直ぐ進んでいけば、
その先にはもう海原が広がっている。

けれども乗るべき舟は無く、
ぼくは海を横目に石の道を辿る。
そうして、あの常夜燈に行き着いた。

これが鞆の港を守り続ける灯りなのだと、
ぼくはしばしの間、感慨に耽(ふけ)る。

ほうと溜息をつき、
波の音と潮の香りを含んだ景色を見回して、
ふと、常夜燈の脇に佇むその店を見つけた。

店の白壁には、「鞆の浦a café」の文字。
脇には、いつからそこにあるのだろう、
真っ赤な丸い郵便ポストが突っ立っている。

ぼくは湧きだす好奇心に背中を押され、
そちらへ近づいてみることにする。

「鞆の浦 a café」 、
そして、「常夜燈ポスト」の物語り。

前のページ
次のページ

「鞆の浦 a café」と
「常夜燈ポスト」の物語り

鞆の浦に香る、
モダンの匂い

伝統家屋とカフェの融合

「a café」
この名前には、どんな意味が込められているのだろう。

ア、カフェ?
でも、看板を見る限り、
アット、カフェとも読める。

店の外観は江戸の街並みの一角のようだ。
古びた板張りの壁と、白い漆喰の壁、昔ながらの
瓦屋根を眺めていると、
ふと、タイムスリップしたような感覚にとらわれる。

漂ってくるニンニクの香り、
イタリアンだろうか。
ぼくは思わずごくりと喉を鳴らし、
誘われるように中へと踏み入れた。

意外にも、中はすっかりモダンなカフェで、
ほんの一時狐につままれた気分。
しかし天井を見上げれば、
そこには年季の入った味わい深い木々の連なりがある。

黒い梁や年月を経た漆喰が見下ろす空間に、
洒落た家具と異国の情緒。
現代と過ぎ去った時間が混ざり合う。
見事に調和したものだ、と口を開けて見回してしまう。

ああ、あそこにひょうたんが垂れ下がっているんだな。
ここには店の人の遊び心も隠されているらしい。

前のページ
次のページ

「鞆の浦 a café」と
「常夜燈ポスト」の物語り

鞆の浦を元気に

デザインから地域に貢献する

どこかで見たような顔の店長が、
にこやかに迎えてくれた。

平井堅?
もとい、「鞆の浦の平井堅」、坂谷督史さんだった。

鼻孔から流れ込んでくる香りに、
ぼくの胃袋は、もうすっかり魅了されてしまったようだ。
ぐうぐう鳴る音には逆らえない。

ぼくは海の幸をたっぷり使っているという、
おすすめのパスタを注文した。

この店は築150年の長屋を改装して造ったのだそうだ。
聞けば、かのグッドデザイン賞も受賞しているらしい。
坂谷さんは、この古くてモダンなカフェで、
訪れる人たちに海の味覚を振舞っている。

「デザインから地域を活性化する」

それが、この店のコンセプトだ。
元々ある素材を生かし、モダンをプラスする。
驚きと遊び心に満ちたデザインで、
鞆の浦を元気にするお手伝いをする。

なるほど、確かにぼくも、
まんまと驚かされてしまった。

前のページ
次のページ

「鞆の浦 a café」と
「常夜燈ポスト」の物語り

溢れんばかりの
笑顔を

料理に込める、坂谷さんの想い

思いを巡らせていると、
ぼくのテーブルに料理が運ばれてくる。

湯気の立つ魚介のトマトソース。
海の旨みがぎゅっと詰まった、滋味あふれる品だ。

それにしても、なぜ鞆の浦でスパゲッティなのだろう。
ぼくの問いに、坂谷さんが答えてくれた。

「地中海かなあ。
瀬戸内って地中海に似てるでしょう、雰囲気が。
地域がずっと断続して残っている。
そういうとこで暮らしてる人って、
皆溢れんばかりの笑顔なんですよね。」

地中海の明るい空気を瀬戸内に重ね、
あちらの国の食文化を鞆の浦に取り入れた。
町の皆が、訪れた人々が皆、笑顔になるように。
このスパゲッティにはそんな願いが込めてある。

坂谷さんは、地中海に暮らす人々の、
素朴な生き方に憧れているのだそうだ。

地域を愛し、歴史や様々なものを受け継いでいく。
たとえ世代が移っても、残すものと変わるもののバランスを失わない。
自分たちの土地に根付いて、その手で抱えられるだけのものを守っていく。
そんなからりとした生き方を、鞆の浦で、できたなら。

伝統家屋とイタリアン。
町の歴史と、新たな文化を絶妙にブレンドして、
坂谷さんは今日もこの鞆の浦で、皆の笑顔を生み出している。

前のページ
次のページ

「鞆の浦 a café」と
「常夜燈ポスト」の物語り

この場所に、
「或る」カフェ

この土地にそっと溶け込む、居心地のいい場所

どうして、坂谷さんはこの場所を選んだのだろう。
飲食店を開くのなら、もっと人の多いところでも
よかったはずだけれど―。

「うちのオーナーがですね、こんな良い場所を
放っておくのは勿体ないって言ったんですよ。
鞆の人たちのありのままっていうのも良いんです。
でも、これからは僕らがビジネスっていう形で
お役に立てたら…、それを、みんなでやろうってね」

きっとオーナーには、この場所が宝物みたいに見えたんだろう。
海の煌めきと、素朴で飾り気のない町と人。

“そのまま”を愛する人たちは、とても素敵だ。
だからきっと、誰かに伝えたくなって、
いてもたってもいられなくなって―
ぼくは、オーナーの心情を想像して、
なんだかあたたかい気持ちになる。

「店の名前ね、a café って、ア、カフェって読むんですよ。
theだと仰々しいですから」

a café 、鞆の浦にある、『或る』カフェ。
素朴なこの土地に溶け込むように。

ぼくの疑問はまた一つ解けたようだ。

誰もが素の自分に戻って、
ありのままの姿で歩けるように
海を見たり食事をしたり、
ただゆっくりと過してもらえたら。

このa caféにもまた、
鞆の浦の心が溢れている。
いつでもどうぞ。また来てください。
そう言ってくれている気がする。

前のページ
次のページ

「鞆の浦 a café」と
「常夜燈ポスト」の物語り

しあわせを
あなたに

常夜燈ポストと幸せ便り

坂谷さんは、『幸せ便り』なるものの
看板をしているそうだ。
葉書を差し出され、
ぼくはしげしげとそいつを見つめた。

なんでも、大切な人へのメッセージを書いて、
この店の外にある丸ポストに投函すると、
幸せになれるかもしれない……
そういうわけで『幸せ便り』。

それじゃあ、これに携わる坂谷さんは、幸せの紡ぎ手か。

外の丸ポストを、『常夜燈ポスト』と名付けたらしい。
皆を見守る灯りの元に、静かに佇む赤いポスト。
うん、何だかとても良い雰囲気だ。丸いフォルムが懐かしげ。

この幸せ便りで、恋を成就させた若者もいるんだそうだ。
きっと鞆の浦の海の解放感と、このお店の
優しい雰囲気に背中を押されて、
彼は勇気を出して真っ直ぐな想いを綴ったんだろう。

彼の想いを、幸せとともに彼女へと届けたあの赤いポスト。
常夜燈ポストは、今日も静かに佇んでいる。

ぼくも彼らにあやかって、
一筆書いてみるとしようか。

前のページ
次のページ

「鞆の浦 a café」と
「常夜燈ポスト」の物語り

常夜燈の見守る
この地で

幸せの紡ぎ手のいる店

美味しいものでお腹がいっぱいになると、
気持ちもほっこり満たされる。

a café ではテイクアウトもできるそうだ。
ぼくはコーヒーを淹れてもらって、
外にある雁木に腰掛け
ほっと一息ついている。

遥か昔にも、こうしてぼくみたいに海を眺め、
常夜燈を仰ぎながら、のんびりと過ごした人がいたのだろうか。

ふと昔に目を向けてみたくなる。
変えるべきもの、変えてはいけないもの。
あのa café ではそれらが見事に混ざりあっていた。

古いものを大切にしながら、
新しいものを歓迎してくれるカフェの姿。

それはまた、昔ながらの鞆の浦を守りながら
新しいことに挑戦し、ぼくらを大らかに迎えてくれる、
坂谷さんやこの町の人々のようでもある。

海や町の景色を楽しんでいたら、
いつのまにか空になっていたカップ。
ぼくはa caféの看板と
常夜燈ポストをしっかりと目に焼き付け、
来た時よりも随分と軽い足取りで石畳を鳴らした。

幸せの紡ぎ手に、きっとまた会いに来よう。

前のページ
次のページ

「鞆の浦 a café」と
「常夜燈ポスト」の物語り

前のページ
次のページ

「鞆の浦 a café」と
「常夜燈ポスト」の物語り

Profile「鞆の浦 a café」と「常夜燈ポスト」

白壁には「鞆の浦a cafe」の文字。脇には、いつからそこにあるのだろう、 真っ赤な丸い郵便ポストが立っている。ぼくは湧きだす好奇心に背中を押され、近づいてみる。

Nipponia Nippon
ニッポンを魅せる 故郷を魅せる 〜地域からニッポンを元気にする〜