常夜燈

鞆の浦の観光スポット

常夜燈

常夜燈

鞆港西側の雁木の南端に立つ常夜燈(とうろどう=燈籠塔)は、何と言っても鞆の浦の1番のシンボルです。「安政六年己未七月」(1859年)に建造されました。
南に弓状の港を有する鞆の浦は多島海の天然の良港で、豊後・紀伊水道がぶつかる瀬戸内海の中央部に位置し、“潮待ちの港”として栄えました。
1826年、オランダ商館の医師・シーボルトは『江戸参府紀行』の中で「活気に溢れた町」と記しています。その港町の海上安全を支えたのが、この常夜燈なのです。

“海上闇夜東西を失いし時”の燈台―海上安全のために

img_1-3

“海上闇夜東西を失いし時”の燈台―海上安全のために

竿柱の南面に「金毘羅大権現」、北側に「当所祇園宮」の石額を掲げていて、海上安全の守護神に対する寄進燈籠という形式をとっています。
1871年の公文書に「油一日五勺、燈しん一日五厘」とあり、当時は油(ニシン油)の燈火で海を照らしていました。

◇石額の文字―金毘羅さんも祇園さんも海上安全の神様なんです

江戸時代の港湾施設5点セットの現存は奇跡的

img_1-4

江戸時代の港湾施設5点セットの現存は奇跡的

江戸期の港湾施設である常夜燈、雁木、波止場、焚場跡、船番所跡がほぼ完全な形で現存しているのは、全国でも鞆港だけなんです。
ちなみにこの常夜燈は、海中の亀腹型石積まで含めると10mを越す大きさで、港の常夜燈としては日本一。瀬戸内の誇れる景観です。

◇威風堂々、常夜燈のある景観―これぞ鞆の浦

鞆の浦にはもうひとつ常夜燈があった!?

img_1-5

鞆の浦にはもうひとつ常夜燈があった!?

現在残る常夜燈は、太田家(当時は保命酒屋・中村家)がある西町が勧請して寄進したものです。対して、反対側の波止の先端には大坂屋が寄進した唐銅燈籠(からがねどうろう)が建っていたといいます。明治15年の水害で流されたもうひとつの幻の燈籠。

◇この湾を東西から挟むようにふたつの常夜燈が…ロマンですね

常夜燈をシェア

コメント

鞆の浦の他の鞆の浦の史跡・町家

Nipponia Nippon
ニッポンを魅せる 故郷を魅せる 〜地域からニッポンを元気にする〜