自分を見つめ直すことが
できる癒しのお寺

顕政寺 鈴木省我さんの物語り

物語りを読む

顕政寺
鈴木省我さんの物語り

修行を体験できる
開かれた寺院

迎えるのは福々しい笑顔の副住職

鞆の浦の「寺町通り」に建つ日蓮宗のお寺、
壽福山顕政寺(じゅふくざんけんしょうじ)。

その顕政寺で「観心行」という修行を体験できると、噂で聞いた。
いったいどんなものなのだろう?

薄曇りの日の午後、顕政寺を訪れてみた。
いきなり訪問して観心行を体験できるのだろうか……。
そう思いながら山門をくぐり、境内に足を踏み入れる。

本堂をのぞいてみると、「こんにちは」と声を掛けられた。
副住職の鈴木省我さんだった。
突然の訪問者に驚くことなく、静かな笑みを浮かべている。
観心行に興味があることを伝えると、本堂に招き入れてくれた。

「観心行は、日蓮宗の修行なんですけど、
うちでは私がオリジナルで作ったものをやっているんですよ。
特に宣伝もしていないので、
口コミで知った人だけが時々来られるんです」
と鈴木さんはにこやかに話す。

観心行は、文字通り「心を観る行」。
日常の中で自分が行なった良いことや悪いことを思い出して、
それらを見つめ直し、手放していく修行だそうだ。
修行といっても10分程度のシンプルなもので、
誰にでもできるらしい。

たまたま出先から戻ったところだという鈴木さん。
今ちょうど時間があるということで、観心行を体験させて
もらえることになった。

前のページ
次のページ

顕政寺
鈴木省我さんの物語り

題目を唱えながら
心を見つめる観心行

だんだんと心が癒される不思議な時間

「では、はじめましょう。どうぞ、仏様の前に座ってください」

私が本尊の前に置かれている椅子に座ると、
鈴木さんは後ろにある登高座に腰を下ろした。

リーン、リーンと印金の音が響き、お経が始まった。
力強く、それでいて柔らかいお経の声に包まれる。
心地の良い時間だ。

しばらくお経を唱えた後、鈴木さんがゆっくりと説明する。

「それでは、目を閉じて合掌をしてください。
これから私が太鼓を叩きますので、それに合わせて私と一緒に
南無妙法蓮華経とお唱えください。
お唱えをしながら自分の心の中を見つめていただきます。
様々な日々の出来事を思い出してみてください。
あれは悪いことをしたなぁ、
こんな良いことがあったなぁと思い出しながら、
お題目をお唱えください。そうすることで自分自身がきれいに
なっていくことを感じてください」

良い出来事は改めて感謝し、悪い出来事は反省する。
そして、それらに固執することなく、手放していく。
これは心に溜まった垢を洗い流すということ。
心がきれいになれば、また新しいものが入ってくる。

 最後にまた、リーン、リーンと印金が鳴らされ、
観心行は終わった。

前のページ
次のページ

顕政寺
鈴木省我さんの物語り

自分を見つめ直す
ことができる場所

誰もが気軽に立ち寄れるお寺にしたい

なんだか気持ちがスッキリしました、と伝えると、
鈴木さんは笑顔でうなずく。

「ここに来てくださった方に、
このお寺ならではの体験をしていただきたくて、
最近この観心行を始めたんです。
最初はスペイン人の旅行者の方に体験してもらったんですよ。
自分の心を見つめてもらう修行なので、
宗派はあまり関係ありません。
形式も決まったものではないですし、
来られる方によって変えていこうかなぁと思っています」

信仰の形にこだわりすぎなくていい。
それよりも、この寺を開かれた場所にしたい。
訪れた人が自分を見つめることができる場になると嬉しい。
鈴木さんはそう語ってくれた。

鈴木さんと話しながらふと境内に目をやると、
一匹の猫が通り過ぎた。

「うちは昔から、野良猫が来るんです。
糞をするから嫌がる人もいますが、
うちは決まった場所で糞をさせるようしつけたんです。
そうすると、そこを掃除すればいいだけだから
追い出す必要はないでしょう。野良猫と共存できるんですよ。
そういうことをしていると猫もなついてくれてね」

そう話しているうちに、また別の猫が顔を出した。
顕政寺の境内は、猫たちの憩いの場となっているらしい。

前のページ
次のページ

顕政寺
鈴木省我さんの物語り

庭を彩る草木の緑
雑草も大切にしたい

転機を迎え、ものの見方が変わった

境内を眺めている私に、鈴木さんが言った。
「うちの庭には雑草が多いでしょう。
これね、あえて生やしてるんです」

そういえば、庭木の周りにはたくさんの雑草が生えている。

「以前は、雑草は全部むしっていたんですけどね、
最近、あることをきっかけに考えが変わってきて……。
実は、自分にとって転機になる出来事がありましてね。
まぁ全部話すと長い話になりますので簡単に言うと、
挫折を経験したんです」

それは鈴木さんにとって、大きな出来事だった。
自信を失い、僧侶を辞めてしまおうかと思ったほど。
落ち込んで自分を責め続け、
なかなかそこから抜け出せなかった。
そんな時、庭の草花を見ていると、
だんだんと心がほぐれていったのだ。そして、ふと思った。
雑草をむしるのは、本当にいいことなのだろうか?
落ち込んでいる自分を癒してくれたし、光合成をして酸素まで
作ってくれている存在なのに。
根から抜いて命を絶つのではなく、生えるがままにして、
伸び過ぎたら刈ればいいのではないか?

「それで、最近は雑草をむしっていないんですよ。
自然が自然に生きてくれる庭を作ってみようかな、と思って」

そう言って微笑む鈴木さんは、
大きな挫折を経験して間もない人とは思えない、
落ち着いた雰囲気をかもし出していた。

前のページ
次のページ

顕政寺
鈴木省我さんの物語り

挫折こそ糧になる
人生に無駄はない

経験者だからこそ説得力のある言葉

挫折してしばらく落ち込んだけれど、
今はスッキリしている、と鈴木さんは言う。

 「中国の故事に『塞翁が馬』という言葉があるんですね。
これは良い出来事が不幸につながることもあれば、
辛い出来事が幸福につながることもある、
ということを伝えています。
私は大学院で東洋哲学を学んだんですが、
こういうことは実際に経験してこそ得るものがありますね」

鈴木さんは、大きな挫折を経験したからこそ、
型にはまった考え方を手放すことができた。
そして、「人に優しくしたい」「人を責めるのはやめよう」
という気持ちが自然と生まれてきたそうだ。

 「今は失敗した自分を責める気持ちがなくなり、
迷いがなくなったという感じです」

 鈴木さんは、現在40歳。
まさに孔子が『論語』に書いている「四十にして惑わず」だ。

 「お寺に相談に来られる方も、
自分自身を責めてしまっている方が多いんです。
でも、最終的には起こってしまったことを受け入れるしかない。
ものの見方は自分で決められる。自分を救うのは自分です」

鈴木さん自身が経験したことだからこそ、
確信をもって言えることだろう。

前のページ
次のページ

顕政寺
鈴木省我さんの物語り

気軽に立ち寄れて
また来たくなる場所

知る人ぞ知る鞆の浦の「癒し寺」

多くの人が悩みを抱え、自分を責めてしまっている。
そんな人達の手助けになれば……。
そう考えて、鈴木さんは訪れる人に
観心行を体験してもらっているのだろう。

鈴木さんは、他にも様々な活動を行なっている。
今は、災害時に支援活動ができる組織づくりに力を入れているそうだ。

「熊本地震の被災地へ復興支援に行って、
現地で活動している支援団体の方にお話しを聞いたりしています。
将来、南海トラフ地震が起こったら、
鞆の浦にも想定以上の被害があるかもしれませんしね。
みんなで協力し合って、災害時に即対応できる
組織を作っておかなければならないと思っています」

最近はどんどん忙しくなってきている、という鈴木さん。
でもまったく苦にならないんですよ、と笑った。
きっと充実した毎日を過ごしているのだろう。

いつの間にか、あたりが暗くなっている。
境内には、色とりどりの明かりが灯っていた。

山門に向かって光の中を歩いていると、
来た時よりも心が落ち着いていることに気づく。
観心行のおかげだろうか?

あるべき姿にとらわれず、前を向いて生きている鈴木さんと
一緒に過ごしたからかもしれない。

振り向くと、鈴木さんが本堂の前で手を振ってくれた。

また近いうちに、ふらりと訪れたい。
顕政寺はそんな気持ちになるお寺だった。

前のページ
次のページ

顕政寺
鈴木省我さんの物語り

他の物語りを読む

Nipponia Nippon
ニッポンを魅せる 故郷を魅せる 〜地域からニッポンを元気にする〜