これからの介護を学びたい
想いが実現したまちづくり塾

鞆の浦まちづくり塾塾生 新利恵さんの物語り

物語りを読む

鞆の浦
まちづくり塾塾生
新利恵さんの物語り

まちづくり塾の
中心的存在

「先生」が塾に参加した理由とは?

「新さんは、まちづくり塾第1期生のエースなんですよ」
鞆の浦まちづくり塾実行委員会の人が、そう教えてくれた。

まちづくり塾が開講したのは7月。
約2カ月間、塾生たちは様々なプログラムに参加し、
今日から3日間かけて行われる秋祭りが終われば、
もう修了式を残すのみだそうだ。

高校で英語教師をしていたという新利恵さんは、
塾生の中でも中心的な存在だそう。

新さんに入塾の経緯を聞いてみると……。
「私はね、まちづくり塾に参加するために退職したんです!」

ええっ! 本当に!? 
驚く私を見て、新さんはいたずらっぽく笑った。
どうやら冗談のようだが、タイミングとしては、
そう言っても過言ではないとのこと。

5月に退職し、6月の新聞でまちづくり塾の記事を見て
すぐに実行委員会に電話をかけたそうだ。
その後、入塾に至るまでの紆余曲折を熱く語ってくれた。
エネルギー全開で話し続ける様子は、
まさに頼もしい「先生」だ。

新さんは、どうしてもまちづくり塾に参加したかったのだという。
何がそこまで彼女を惹きつけたのだろう?

前のページ
次のページ

鞆の浦
まちづくり塾塾生
新利恵さんの物語り

地域ネットワークの
中での介護

「まちづくり×介護」を勉強したい!

福山市出身の新さんは、大学卒業後、教師として働き始める。
結婚を機に退職して、大阪へ引っ越したが、
もう一度教師として働きたいと思うようになり、
知識を深めるために大学院に行くことを決意。
都市社会学を専攻し、
コミュニティやネットワークについて研究した。

「修士論文は、子育てをテーマにした地域づくりについて
書いたんです。その時に
『誰にとっても子育てと介護は地域回帰への一助となる』
というエンディングにしていたんですよ」

この頃から、心のどこかに介護への興味が生まれていたようだ。

大学院卒業後は、福山に戻り、地元の高校で12年間
教鞭をとった。

やがて、一番身近な「介護」に向き合うことになる。

「父が要介護になって、最終的にグループホームに
入ったんです。1年前に亡くなりました」

身内が要介護になって初めて、本当の意味で介護が
「自分にとっての問題」になった、という新さん。
介護のことを真剣に考えた時、ひとつの強い想いが芽生えた。

コミュニティ、またはネットワークの中で介護をしていく
時代がくる――それを勉強したい!

そして、介護施設である「鞆の浦・さくらホーム」が
運営に携わるまちづくり塾に、
絶妙なタイミングで出会ったのである。

前のページ
次のページ

鞆の浦
まちづくり塾塾生
新利恵さんの物語り

地域の力がつくった
「自由徘徊地区」

衝撃を受けた平地区のネットワーク

新さんは、まちづくり塾で様々な体験をすることになる。

「一番衝撃的だったのは、平(ひら)で体験したことでした」

平は鞆町の西部にある地区で、少し奥まった場所にある。

新さんが衝撃を受けたのは、認知症で徘徊もする
お年寄りが、ここで一人暮らしをしているということ。

一人暮らしが実現しているのは、町内会長の稲葉さんや
住民がそのお年寄りをしっかりと見守り、
さくらホームの介護スタッフが
それを支えるケアをしているからだった。

この地域密着型介護を視察しに、様々な人が
平地区を訪れているそうだ。
「堀田力さんも来られたんですよ~! え?堀田さん知らない? 
ロッキード事件の検事を務めた人で、福祉の世界では
すごい人なんですよ!」

堀田さんは、最高検察庁検事を務め上げた後、
弁護士となり、「ふれあい社会」を目指すさわやか福祉財団を
立ち上げた人だ。

新さんは、視察後に堀田さんがにっこり笑って
「鞆は自由徘徊地区ですね」
と言ったのが印象的だったそうだ。

前のページ
次のページ

鞆の浦
まちづくり塾塾生
新利恵さんの物語り

昔からずっと
受け継いできたもの

祭りが育んだコミュニティの力

「平のダンゴ祭も、すごく印象的な経験でした」
と新さんは言う。

塾生たちは、毎年8月に平で行われる淀姫神社の例祭、
通称ダンゴ祭にも準備段階から参加したそうだ。

淀姫神社は平の鎮守社で、ダンゴ祭の起源は数百年前とも
いわれている。
平地区は、渡守神社の例祭である秋祭りの輪番町には
入っておらず、地域独自の祭りを受け継いできた。

「自分たちだけの神事なんですよ。
他の町と混ざってやっていないからこそ、
脈々と残されてきたものがあるんじゃないかと思います」

受け継がれてきたものがあるからこそ、団結力があり、
要介護となった近所の人をみんなで支えようと
思えるのかもしれない。

平地区で日常的に行われているご近所同士の支え合い。
その中で、介護のプロフェッショナルがいかに活躍しているか。
そして、つながりの基盤となっている独自の文化――。

それらについてひとしきり語った後、新さんは言った。

「平での経験は色々な面で本当に感動!
特に、自分はネットワークを専門に勉強してますから。
今後必要となってくるネットワークの原型が平にあるのかな、
と思いました」

前のページ
次のページ

鞆の浦
まちづくり塾塾生
新利恵さんの物語り

最初は好奇心
それが世界を変える

自分の興味を突き詰めていく

新さんの話を聞いていると、
勉強することへの情熱がありありと感じられる。
そのエネルギー源はいったい何なのだろう?

「あくまでも自分の『興味』ですね。
自分が理解したい、今抱えている矛盾の答えを
見つけたい、と思うから勉強するんです」

世の中を変えようという使命感などはないという新さん。

でも、現場の介護士さんの講義が抜群に面白かったと
目を輝かせながら言う新さんが興味を持つのは、
やはり「世の中をより良くするもの」であるようだ。
だからこそ、このまちづくり塾を選んだのだろう。

新さんは、鞆のまちづくり塾のコンセプトは
「学んだものを持ち帰って、自分の土地に合った形で
実践してみてください」ということだと解釈しているという。

たとえば、新さんの地元は福山市多治米町。
鞆とは地理的条件や文化が異なる。
塾で学んだことを生かし、それぞれの土地に合った取り組みを
することが必要だ、と話してくれた。

新さんの知識欲・行動力は、自分の中の好奇心から
生まれているのかもしれない。
でもそれは、何らかの形で世の中に影響を及ぼしていく
のではないか――。

塾での経験を生き生きと語る新さんを見ていると、
そんなふうに思えてくる。

前のページ
次のページ

鞆の浦
まちづくり塾塾生
新利恵さんの物語り

感動した経験を
未来の行動力に

奇跡の出会いを糧として進んでいく

「鞆ではたくさんの奇跡の出会いを体験しました。
塾生たちもそうだし、さわやか福祉財団の堀田さんも!
こんな出会いは50代でなかなかあることじゃないですね。
人生の中で、ものすごく贅沢な時間だったと思います」

そして新さんは今、介護の国際比較をテーマに研究している
大学教授の研究室に出入りしているとのこと。
勉強への意欲はとどまることがなさそうだ。

その後――。
まちづくり塾の修了式にお邪魔した。

背筋を伸ばし、凛とした顔でスピーチをする新さん。
頼りがいのある「先生」らしく、こう語った。

「違いの分かる感性を持っている人たちが鞆に来て、
このまちづくり塾に参加したのだと思います。
そして、貴重な経験を通して、数々の感動があったのだと――。
その『感動した経験』を生かして、今度は
実際に行動を起こしていってほしいと思います!」

これは、第1期生の仲間たち、そして未来の塾生たちへの
心からのメッセージ。

そしてきっと、自分自身への熱いエールでもあったのだろう。

前のページ
次のページ

鞆の浦
まちづくり塾塾生
新利恵さんの物語り

Nipponia Nippon
ニッポンを魅せる 故郷を魅せる 〜地域からニッポンを元気にする〜