ここでやりたいことがある
だから今、この町に住む

鞆の浦まちづくり塾塾生 下畠有喜さんの物語り

物語りを読む

鞆の浦
まちづくり塾塾生
下畠有喜さんの物語り

鞆の町に住む
ことを決めた人

まちづくり塾の塾生を訪ねて

鞆で大祭りとも呼ばれる秋祭り。その準備が佳境に
入っているようで、町はどんどん賑やかになってきた。

今年の秋祭りは「鞆の浦まちづくり塾」の第1期生たちも
準備段階から参加している。

一番大切な準備は、祭りの山車である「チョウサイ」の
組み立てと飾りつけだ。
鞆町内の7つの地域が順番に担当する秋祭り。
それぞれの地域が自分たちのチョウサイを持っており、
当番となった地域では、大切に保管していた山車を
7年ぶりに組み立てて、祭りの最終日に町中を引き回すのである。

祭りの準備をしている塾生の中に、
鞆への移住を決めた人がいるそうだ。

「ほれ、あの子が、京都から移住してくる子よ」

地元の人が指さす先に、はしごの上で
熱心に作業している背の高い男性がいた。

お話しを聞きたいとお願いすると、
「ええですよ」と快諾してくれた。

どうですか、お祭りの準備は?と尋ねたところ、
「いやあ、みんなで準備するんは楽しいです」
と、なんとも優しい関西弁で応じてくれた。

下畠有喜さん、26歳。
「癒し系」男子が、鞆のどんなところに惹かれたのか。
移住を決意するまでの物語を聞かせてもらうことにした。

前のページ
次のページ

鞆の浦
まちづくり塾塾生
下畠有喜さんの物語り

鞆の地域福祉
との出会い

学びたいことが、ここにあった

下畠さんは、作業療法士。
現在は京都市右京区の病院で働いている。

京都で行われていた作業療法士のための勉強会で、
鞆のまちづくり塾のことを知ったのだそうだ。

「もともとまちづくりに興味があったんです。
大学の授業で、精神疾患の方も住民と一緒に祭に参加
しているところがあると聞いたことがあって、
面白いなぁと思ってて。そういう町をつくっていくことが
大切やなぁと思ってたんです」

鞆のまちづくり塾の特徴は、
地域福祉を基盤としながら、お互いを認め合い支え合う
「地域共生のまちづくり」を学ぶということ。

下畠さんは、以前から作業療法士としてまちづくりに関わりたい
と思っており、入塾を決めたという。

塾の講義のほか、地域密着型介護施設である
「鞆の浦・さくらホーム」の実習にも参加したという下畠さん。

「もう、衝撃でした。都会じゃあ、もう絶対施設に
入らなあかんような方が、自宅で生活されてて――。
それを地域の人が支えてる。その人らしい生活をするなら、
やっぱり家がいいんですよね」

下畠さんにとって、鞆の地域福祉は驚きの連続。
遠方からでも足を運びたくなる魅力が、この町にはあったのだ。

前のページ
次のページ

鞆の浦
まちづくり塾塾生
下畠有喜さんの物語り

ここに住むという決意

不便さを上回る魅力がある

移住の話はとんとん拍子に決まったそうだ。

「来るたびに刺激的なことがあって、面白いことばかりだった。」
もう離れられないなと感じました」

わずか半月で、移住を決意したのだという。

鞆の江之浦にある空き家を借りることになっているそうで、
その家からは常夜灯も見えるらしい。
今の職場にはすでに辞める意志を伝えており、
移住後はさくらホームで働く。

経済的なことや生活の利便性で不安はなかったのだろうか?
老婆心ながら、そのことを尋ねてみた。

「そんなに不便かなぁって思います。目の前には八百屋さんが
ありますし、近所の方からよく差し入れをもらうので、食費も
大丈夫そうやなと」
と言って下畠さんは笑った。

下畠さんが京都で借りていた部屋は、家賃が月に6万円で、
駐車場代は1万円。
ここで借りるのは一軒家で、家賃は2万円。駐車場代は2000円だ。
これだけでも、かかるお金は3分の1以下。

大きな買い物は車で市内中心部に出れば、事足りるし、
物によっては、インターネットで買うこともできる。
確かにさほど不便はなさそうだ。

では、10年くらい先の将来については、
どんなふうに考えているのだろう?

前のページ
次のページ

鞆の浦
まちづくり塾塾生
下畠有喜さんの物語り

今やりたいことを
この町でやる

自分で考えて決めたこと

「そうですね……。うーん」
少し考えて、下畠さんは言った。

「今、自分の居場所はここだっていう感じなんです」

ここに骨をうずめるというより、ここでやりたいことを始めたい。
そこからまた見えてくることもあるかもしれない――。
そんな心境なのだそうだ。

自分の感性に従って、素直に行動を起こすということは、

意外と勇気がいることなのではないだろうか。
先を見据えて行動することを重視する人もいるかもしれないが、
下畠さんにとっては、「今」が大切。

作業療法士として、施設内の業務だけに携わるのではなく、
支えるべき人と地域の人とをつなぐ役割を果たす。
自分がいつかやりたいと思っていたことが、
鞆の町で実現している。
それが分かったからには、もうここに住むしかない。

「親には、すべて決めてから報告しました」

決めたら貫き通す。
物腰は柔らかなのに、一本筋が通っている若者だ。
両親は「やりたいように、やりなさい」と言ってくれたという。

「将来的なことを考えると親がこっちに来てくれると安心ですね。
父親は来てくれそうだけど、母親はどうかなぁ」

末っ子なのに、いつかは自分が親の面倒を見るという意識が
あるそうだ。

前のページ
次のページ

鞆の浦
まちづくり塾塾生
下畠有喜さんの物語り

人が好きだから
人のために

みんなが過ごせる場をつくりたい

下畠さんは、鞆でどんなことをやってみたいのだろう?

「まだ具体的じゃないですけど……。
子どもからお年寄りまで、障がいを持っているとか、
そういう人たちも一緒に、みんなが集まってワイワイと楽しめる
ような場所をつくっていきたいです」

どんな人でも自分らしく過ごせる環境をつくる。
これは福祉の世界ではノーマライゼーションと呼ばれている。
下畠さんがこれから働くさくらホームは、
そこを目指しているのだそうだ。
そういう場で、下畠さんは「つなげる人」になりたいという。

「何か困ったことがあったら、
声を掛けてもらえる人になりたいです。
人と人をつなげることによって、問題を解決していきたい」

人に関わるのが好きなんですね、と言うと、
下畠さんは、微笑んだ。

「人と関わるの、楽しいですよね。
おじいちゃんやおばあちゃんと話してると、知らない世界を
知ることができるし。話を聞くのは好きです」

聞くと、作業療法士は、まず相手の話を聞いて関係性をつくる
ことが大切だという。そうなってはじめて、相手もリハビリを
する意欲が湧いてくるそうだ。
下畠さんにとって、作業療法士は天職なのだろう。

前のページ
次のページ

鞆の浦
まちづくり塾塾生
下畠有喜さんの物語り

塾への参加が
転機となった

新たな物語が始まっていく

下畠さんと一緒に町を歩いていると、
地元の人によく声を掛けられる。
そんな時、下畠さんはとても嬉しそうだ。

鞆になじむ秘訣を聞いてみると、
「お酒は飲めたほうがいいかもしれないですね(笑)」
とのこと。
鞆に来るようになって、飲む量が増えたそうだ。
飲み会では、とにかくひっきりなしにつがれるらしい。

「鞆の街並みも好きだし、お祭りも楽しい。
京都ではお祭りに参加することがなかったから、余計に新鮮です。
それにやっぱり町の人がいい。
出会った人みんなに、本当によくしてもらってます」

京都以外に住むのは、初めてという下畠さん。
今、ここからまた新しい道が始まっていく。
鞆との出会いはまさに人生の大きな転機なのだろう。

祭りの期間中、下畠さんを見かけるたびに、「地元の人」の
顔になっていくように感じた。

ちなみに下畠さんは今、彼女募集中だそう。
きっとここで人生のパートナーに出会うんだろうなぁと
なぜだか、そんなふうに感じてしまう。

夢を叶えた癒し系の青年は、そういう引き寄せのパワーを
持っていそうなのだ。

前のページ
次のページ

鞆の浦
まちづくり塾塾生
下畠有喜さんの物語り

Nipponia Nippon
ニッポンを魅せる 故郷を魅せる 〜地域からニッポンを元気にする〜