カヤックを漕いで知る
鞆の浦の現在そして未来

カヤッカーズCAFE 村上泰弘さんの物語り

物語りを読む

カヤッカーズCAFE
村上泰弘さんの物語り

海の上から
鞆の魅力を

鞆で唯一の「カヤックガイド」村上泰弘の物語

オールの先がふれた水面から、 鞆の海に、始めは小さな、
けれどもだんだんと大きく、
波紋が広がっていく。

僕の目の前に広がる鞆の浦の海。
シーカヤックに乗って見る海は、
海岸や船の上から見るのとは
全く違った表情を見せている。

さわやかに吹く風に磯のにおいを嗅ぐと、
どこかで鶯の鳴く声がした。

―気持ち良い

日常の喧騒から離れてゆっくりと流れる時間。
生のままの鞆の浦を全身で感じる時間だ。

海岸に戻ると、人懐っこい笑顔を浮かべた
男の人が僕を待っていた。

村上泰弘さん。鞆の浦で唯一、
シーカヤック体験ができる
カヤッカーズCAFEをプロデュースして、
鞆の海の魅力を、鞆の外へ、そして内へ、
発信し続けている人。

これは、鞆の浦の将来を見据えながら、
海上から鞆の魅力を発信しようとする村上さんの物語。

前のページ
次のページ

カヤッカーズCAFE
村上泰弘さんの物語り

見過ごされてきた
鞆の海の美しさ

カヤックに乗って、初めて気付く

カヤッカーズCAFEは古民家を
改築しただけあって懐かしさと
落ち着きを与えてくれる店構え。

昔懐かしいラムネのビンを持って
村上さんは僕の座るテーブルにやってきた。

「カヤックはどうじゃった?」

と村上さんは聞いてきた。 ―とても良かったです。海もきれいで。
と興奮冷めやらぬ調子で僕が答えるのを、
村上さんは、そうだろう、とうなずきながら、
でもな、と切り出した。

「ちょっと前までは鞆の海で泳ぐなんて
とんでもない、といわれてたんだよ」

福山の海はきれいじゃない、
そんなイメージが幅を利かせていたという。

見過ごされていた鞆の海の魅力。
国立公園として保存され続けてきた美しさを、
再発見したのはカヤックの上からだった。

瀬戸の原風景の中にすうっと入り込んで、
浮世絵の中にいるかのような海抜0メートルの世界。
エンジン音に邪魔されず、鳥や蝉の声に耳を傾ける。

カヤックの上からしか見えない鞆の浦の魅力を、
村上さんは語ってくれた。

その言葉は、さっきまで海に浮かんでいた僕の心に、
すうっと入ってきた。

前のページ
次のページ

カヤッカーズCAFE
村上泰弘さんの物語り

広がりゆく
人の輪

謙虚なカヤック乗りが得た信頼

カヤックの大きな魅力の一つは
自分が船長になれること、
自由に行き先を決めてどこへでもいけること。
だからこそ、思いがけない発見がある。

でも、謙虚さを忘れてはいけない。
小さくて、どこへでもスイスイ行けてしまうカヤックは、
ともすれば、船舶にとっては危険な存在だ。
だからこそ、相手の立場で考えることが大切。

突然、鞆の外からやってきて、
漁船が行きかう海に小さなカヤックを
浮かべた村上さん。
戸惑う人も中にはいたが、
それでもだんだん信頼を得ていったのは、
その謙虚な姿勢があればこそ。

今では航海のアドバイスを貰ったり、
お客さんを紹介してくれたり、
店で売っているTシャツを買ってもらえたり。

カヤックのことも、カフェのことも、
親しんでくれる人は増えてきた。

鞆の浦の人と打ち解けていく村上さん。
それは、鞆の浦が抱える問題に
直面することへと繋がる

前のページ
次のページ

カヤッカーズCAFE
村上泰弘さんの物語り

鞆の人の ルーツは海ぞ

海の上から見つめる鞆の浦の「今」

鞆の浦が抱える問題―
それは住民の高齢化だ。

歳をとって故郷に戻る人もいるけれど
若い人は街に出て行ってしまう。
どこの地方でも抱えている問題、
でも、とても深刻な問題。

皆それぞれ何とかしたいという想いはある。
でも、どこかで喰い違ってしまう、意見がまとまらない。

「今はもめている場合じゃないと思う」

村上さんは沈んだ調子で語る。

「鞆のひとのルーツは海ぞ」

ふと、村上さんの口から出た言葉。

無闇に町を近代化してしまうのではなく、
鞆の浦の若い人たちが鞆の浦の良さに気付く。
それが村上さんの理想となる。

シーカヤックは、そんな村上さんの想いを
実現へと導いてくれる手段でもある。

前のページ
次のページ

カヤッカーズCAFE
村上泰弘さんの物語り

ぼく、やってみたい!

子供が大人を巻き込んで作る「未来」

ある日、こんなことがあったという。
ひとりのおばあさんが
カヤックについて尋ねに来た。
なんでも、お孫さんがカヤックに
乗りたいと言っているとのこと。
おばあさん自身は危なくないか及び腰だけれど、
孫のためにと話を聞きに来た。

子供がやりたいといえば、大人も腰を上げる。
子供が大人を巻き込んで、新しいことに目を向けさせる。

いずれは鞆の人たちが
自らオールを手に海に漕ぎ出す。

「そうしたら僕の役目は一旦終わり。
次は僕がお客さんとなって貢献したい」

そんな村上さんの夢を乗せて、
カヤックは海に浮かぶ。

前のページ
次のページ

カヤッカーズCAFE
村上泰弘さんの物語り

広がりゆく
村上さんの「波」

鞆の人を巻き込むカヤックの魅力

村上さんの夢を乗せて浮かぶカヤックの、
起こした波紋は徐々に広がりを見せて、
鞆の人々を巻き込んでいく

地元の中学校が、カヤックを
課外授業で使いたいという。

「一番、鞆の海を見せたいのは、
実は鞆の人たち」

こう語る村上さんにとっては、
この上なく魅力的な話だ。

鞆の浦で育った人が、村上さんのような
ガイドとなって、鞆の海の魅力を発信する。
そんな願いが叶う日は近いかもしれない。

「海抜0メートル」の景色、
陸から見るのとは全く違う鞆の海。
自分のルーツを再発見した人の感動が、
噂となって、広まって、
やがては大きなうねりとなれば…

村上さんの起こした小さな波は
ゆっくりと、だけど確実に
大きな輪へと成長していく。

前のページ
次のページ

カヤッカーズCAFE
村上泰弘さんの物語り

Profile安江拓人

「海抜0メートル」、カヤックに乗って初めて見える鞆の浦。陸や船の上からでは決して知ることのできない海の魅力を発信することで、鞆の浦の未来を築こうと、村上さんは今日も奮闘する。

Nipponia Nippon
ニッポンを魅せる 故郷を魅せる 〜地域からニッポンを元気にする〜